学生ローンはレッスン


いつか学生の人たちも結婚をして、子供さんでも出来れば、もう少し大きなマンションでも住もうと思うことがあります。そのようなとき必ず向きあうのは借金です。なぜ、そのとき、借金をしなければならないかといえば、現金でマンションを購入するのにはあまりにもお金が高すぎだからです。

お金親いわく借金はしない方が良いということなら、お金が貯まるまで待てということです。しかし、本当にお金が貯まるまで待てば、一体あなたは何歳になってしまているでしょうか。マンションは、購入しなければならない時期があります。だから、前倒ししてお金を調達する手段こそが借金ということになります。

親は、借金はするものではないといいます。しかし、結果しなければならないものも借金です。学生ローンとは規模の違うものです。そのような大きな時のために借金とは存在しているという言い方も正しいかもしれません。

しかし、敢えて学生ローンは、学生の人たちが借金を今後するためのレッスンとして捉えることも出来るのではないでしょうか。借金をしない人たちは、あまりにも借金に対して臆病になってしまい、大きなシーンにおいても借金がなかなか出来ない臆病者になってしまっている可能性もあります。